快適田舎暮らし

~社蓄からの開放 自由な生活を手に入れるために~

家庭菜園

実りを楽しむ 夏野菜を収穫しよう②

更新日:

こんにちは、ナチカツです。

夏野菜がどんどん成長してます。

きゅうりが収穫できました

f:id:arf2335:20170618104053j:plain

先日、今年初めてキュウリが収穫できました。

といっても2本ですが…(笑)

しかし、買ってきたキュウリとは明らかに違います!!

写真では分かりにくいかもしれませんが、トゲのようにチクチクしそうなぐらい新鮮です。

f:id:arf2335:20170618104514j:plain

切ってみました。

みずみずしいのが伝わりますか?

実もしっかり詰まっています。

スーパーなんかで買うと、たまに中身がスカスカなものもありますよね?

野菜スティックにして食べますが、子供たちは”マヨネーズ”を付けて、大人は”にんにく味噌”を付けて食べます。

これだけみずみずしいと、普段野菜をあまり食べない我が家の子供たちも「美味しいっ!!」って食べてくれます。

f:id:arf2335:20170618105631j:plain

まだまだたくさん採れそうです。

少し曲がってますね…。

水やりをサボらないようにしないと…(焦)

とうもろこしも順調です

f:id:arf2335:20170618110113j:plain

とうもろこしも実が詰まってきている感じです。

初めて植えたにしては、いい感じです。

自己満足ですが…。

もう少したくさん植えたいですが、他の野菜も育てたいので、家庭菜園では限界がありますね。

ジャガイモの次は何を植えよう?

前回の記事で、ジャガイモが収穫できた事を書きましたが、ジャガイモの次に何か植えようと企んでいます(笑)。

 

 

ジャガイモを掘ったあと、少し土が少ないと感じていたので、お義父さんに相談しました。

すると、すぐに土を補充してくれました。

お義父さんの畑の土を分けていただきました。

土を補充したところです。

f:id:arf2335:20170618111129j:plain

向こうの方に見えるのが、トマト、とうもろこし、キュウリです。

とうもろこしとキュウリを植えている畝には、牛ふん肥料を混ぜていますが、ジャガイモを育てていたところには、今シーズン、牛ふん肥料を混ぜていません。

なので、またまた無人販売にて購入しました!!

今回は2袋。

f:id:arf2335:20170618111525j:plain

1袋200円なので、2袋で400円。

安いし、有難いです。

田舎には、無人販売なるものが未だに残っているんです。

野菜や肥料はもちろん、私の住んでいる地域では、なんと「生まぐろ」も無人販売されています!!

この「生まぐろ」の無人販売については、別の記事で詳しく取り上げようと思っています。

6月でも植え付けが間に合う野菜って何があるのか調べてみました。

しし唐、ニガウリ、ルッコラ、モロヘイヤ、コマツナや水菜、さつまいも、芽キャベツなんかも6月に植えるんだそうでうす。

しし唐は辛いですが、すでに植えているので…コマツナや水菜を植えようかと考えています。

牛ふん肥料を混ぜて化成肥料と苦土石灰を加えて少し時間をおいてから植えます。

何を植えたか、また報告したいと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-家庭菜園
-, ,

Copyright© 快適田舎暮らし , 2018 All Rights Reserved.