快適田舎暮らし

~社蓄からの開放 自由な生活を手に入れるために~

趣味

才能じゃない!“絵になる風景”を水彩画で美しく描ける人と、描けない人の差とは?

更新日:

こんにちは、ナチカツです。

 

私の両親は、私が生まれた年から37年程、酪農を営んでいました。

乳牛を飼育していました。

 

朝夕のエサやりと搾乳が毎日の仕事です。

 

雨が降ろうが台風が上陸しようが、さらに雪が降ろうとも毎日毎日…

休みは一切ありませんでした。

 

毎日の仕事から解放された父は、趣味として水彩画を始めました。

最初は独学でしたが、自分では納得のいく絵が描けないとの事で

 

こちらで勉強したところ、どんどん絵が上達して、今では絵を描くのが

楽しくて仕方がないようです。

↓ ↓ ↓ 

絵画教室よりも上達が速い!自宅で学べる!初心者向け水彩画講座

 

外に出ると、新緑や花が美しく咲いていて、自然を見ることが楽しい季節ですね。

 

「絵になる風景だね」なんてよく言いますが、本当に
眺めていると水彩画で素敵に描けたらな〜と思いますよね。

 

ですが、同じ風景や、お題を見て絵を描いても、
絵が上手な人、下手な人がいます。

 

例えば、風景なら、

山がいくつも重なるように見えて、奥行きのある絵だと、

「わ〜すごい、お上手ですね!」

と感動して褒めて貰えます。

 

ですが、ベタッとした印象の絵だと、

「へーどちらの風景ですか?」

と反応も微妙です。(笑)

 

ということは、絵が下手、つまり、絵のセンスや才能がない人には、
上手に絵を描く事は難しいのでしょうか?

せっかくだから、水彩画を上手に描けたらな〜。
という方には、

まず「色塗り」から気軽に上達できる方法があります。

絵画教室よりも上達が速い!自宅で学べる!初心者向け水彩画講座

 

私には絵心がない、と思われている方でも、
水彩画が上手に描ける方法があります。

 

ここに、すでに実践された方の感想があります。

 

実は、絵筆をとったのが数十年ぶりという60代の男性から・・・

「完成した絵が、自己流で描いていた時と、まったく違いました!」

 

そんな、喜びの声が上がっている上達法です。

これはかなり興味深いと思いませんか?

 

もしあなたの絵がイマイチだったとしても、
今からどんどん絵を上達できるのです。

 

ただし、これには条件があります。

 

「ありのまま」に描かない!ということです。

 

実は風景画を上手に描くには、大事なコツがあります。

 

それは、遠くの山、中間の山、近くの山、はそれぞれ同じ色で塗らないこと。

 

実は、あるやり方で色を塗ることで、遠い近いを簡単に、
ばっちり表現できます。

 

だから、これまでベタ塗りになってイマイチだった、
という方でも。

 

素敵な風景画をすぐに描けるようになります。

しかも、風景画だけの話ではありません。

 

花や、物を描く静物画も、動物や人物を描く絵も同じです。

 

正しいコツさえ知っていれば、一気にあなたの絵も
ぐんぐん上達できることでしょう。

 

しかも、たった3つのステップで!

 

この方法は、水彩画を描くのは初めて、という方のために
公開された上達法です。

 

ですので、誰でも気楽に取り組める内容です。

 

やり方さえ知っていれば、きっとあなたにも、
『自慢の作品』を描けるようになると思うのです。

 

あなたがやることは、たった3つ。

<見る> ⇒ <真似をする> ⇒ <自分で描く>
ただこれだけです。

 

なぜ、これだけ単純な方法で絵心ナシでも上達できるのか?
その秘密はこちら

素敵な絵が完成した瞬間。

 

今までに感じたことのない、心が震えるような感動を、
あなたもきっと味わえることでしょう。

 

描いた絵は、寝室に飾るもよし、客間に飾るもよし、
玄関に飾るもよし。

 

自慢の作品を見たご家族やご友人も、

 

「え〜○○さんが描いたの?上手〜!」

ときっと驚き、褒めてくれることでしょう。

 

この機会にぜひ、憧れの美しい水彩画を
あなたの手で描いてみませんか?

絵画教室よりも上達が速い!自宅で学べる!初心者向け水彩画講座

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-趣味
-, , ,

Copyright© 快適田舎暮らし , 2018 All Rights Reserved.